2010年11月

私生活

不倫相手の私生活まで ちょっかい出して捨てられて

 婚外恋愛においては、相手の私生活に干渉しないことが、上手くいくための絶対条件でしょう。

 その意味では、恋愛と呼びながらも恋愛であってはならないのです。恋をしてしまうと、独占欲や嫉妬に振り回されることになるから。それらの気持ちが、破局を早めることになります。

 そして、通常の別れであればまだしも、発覚という形で破滅を迎えることも決して稀ではない筈です。

昨夜ダンナが

昨夜ダンナが使った穴を 別のペニスで塞ぐ朝

 前の日の夜に夫に抱かれ、次の日の午前中にはラブホテルで他の男に身を任せる。セックスレスではない人妻の婚外恋愛だと、こんなこともある筈です。

 場合によっては、朝の寝起きに求めて来た夫が中で果てて、シャワーを浴びる間もなく、不倫相手の待つ場所に駆けつけるというケースも。

 その背徳感を、更なるスパイスとして楽しむ人妻もいるのでしょうか。