婚外恋愛とは

 不倫という言葉に嫌悪感を抱く女性は多い。これは、当然でしょう。自分の行いが倫理に反しているのを、その言葉を口にする、あるいは口にされるたびに意識しなくてはならない。

 それを耳障りのいい語感に言い換えたのが「婚外恋愛」だといわれれば、それを否定することはできそうにありません。しかし、この言葉には大きな前提が隠されています。

 婚外の恋愛と表現するからには、婚内の恋愛が存在してしかるべき。すなわち、結婚している相手との恋愛が成立すると認めた上での言葉、というか概念なのですね、この「婚外恋愛」というフレーズは。

 しかし、現実には妻または夫と恋愛することは困難です。ずっと一緒にいるから嫌気がさすという話だけでなく、恋愛に必要な適度な距離を保てなくなって「家族」になってしまうという理由も大きいでしょう。

 既婚者にとっては、恋愛は結婚相手以外でなくては成立し得ない。そんな現実を踏まえて考えれば、婚外恋愛は冠詞なしの「恋愛」となんら変わりはないのかもしれません。

 唯一つ、社会的責任と倫理の放棄という一点を除いては。