二本挿し

膣で旦那を締めつけ尻を振りて夢見る二本挿し

 騎乗位で旦那のものを受け入れ、ダイナミックに尻をグラインドさせる。感じている風を装いながら、その内心は冷めている人妻。

 物足りなさを押し隠すために、つい先日の逢瀬でした肛交を思い出してみる。あの時は、彼の大きなモノをお尻の穴に受け入れ、それだけで逝かされてしまったけど、前も一緒にされたら想像すると何倍も感じてしまった。

 直腸をえぐるあの感覚を思い出すと、二本挿しを妄想してしまう。それが前の締まりを強めて、旦那はすぐに射精してしまうけど。